ピンクリボン活動

乳がんで悲しむ人を
なくすために

ピンクリボン活動

「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」との想いで1980年代にアメリカで乳がんの早期発見・早期治療を呼びかけたのがピンクリボン活動の始まり。エフエムジー&ミッションは、「女性の人生を輝かせる会社でありつづける」といったビジョンをもとに、2002年からピンクリボン活動への支援を継続しております。

乳がんは早期発見と適切な治療できちんと治療すれば再発せずに済み、乳がんの多くは、自分自身が第一発見者です。
つまり、自分で乳房を見て、触ることで、発見できる可能性が高いがんなのです。
でも…「面倒くさい」「時間がない」「やり方がわからない」など色々な理由で習慣化しづらいのも正直なところ。
毎日の生活の中に「乳がんセルフチェック」を、もっと気軽に取り入れることかできたら。
そんな想いから、スキンケアのついでにできる、オリジナルの乳がんセルフチェックを考えました。

乳液を使って乳がんセルフチェック!
\ How to 動画はこちら /

専門家の先生より
土井卓子先生
湘南記念病院乳がんセンター長
ピンクリボンかながわ代表
土井卓子先生

日本人女性の乳がん生涯発症率は、今や10人に1人と言われており、特に40代から罹患率が高まる傾向があります。
一方、乳がんは早期発見と適切な治療によって、90%以上の人が治癒する病気でもあります。そして他のがんとは異なり、乳がんは数少ない「自分で気が付くことのできるがん」です。乳がんの60%以上は”自分が第一発見者”というデータもあります。
「面倒だから」と思わずに、毎日のお肌のお手入れの時に、自分の胸に手を伸ばしてみましょう。お風呂上りなどに乳液や美容液などをつけた状態で胸を触ると、皮膚の凹凸が分かりやすくなり、胸の違和感にも気付きやすくなるため、より効果的です。
ただし、セルフチェックでは気づけない、しこりを作らない乳がんもあるので、日々のセルフチェックと併せて、マンモグラフィ検診や超音波検診も定期的に受信するようにしましょう。

最新のピンクリボン活動
ピンクリボン活動2020
ピンクボトルピンクボトルの配布
乳がん検診の受診率向上と乳がんで亡くなる方の減少を目的として活動している「ピンクリボンかながわ」と「横浜市水道局」とのコラボで誕生した「はまっこどうしThe Water」ピンクリボンボトルを社内に配布しました。ペットボトルには、ピンクリボンかながわの代表であり、湘南記念病院乳がんセンター長の土井卓子先生のメッセージが記されております。
ピンクリボン活動2019
10月5日に「ピンクリボンスマイルウォーク東京」に参加しました
六本木ヒルズアリーナから出発し、表参道まちかど庭園(給水ポイント)で折り返し、スタート地点に戻ってくる6kmコースを、記録的な猛暑の中、社員20名で元気よく歩きました。
ピンクリボン関連団体への寄付
ピンクリボンかながわ」「公益財団法人日本対がん協会」「認定NPO法人J.Posh」に売り上げの一部を寄付しました。
ページTOPへ